此花(東京版)(雑誌)

宮武外骨が大阪で発刊した『此花』の廃刊を受けて、同雑誌に寄稿していた朝倉無声(朝倉亀三)の手により東京版として新たに発行。第24号をもって廃刊、『風俗図説』と解題された。

第一號(大正元年10月1日発行)

タイトル 著者
本誌表紙画に就て
此花東遷
江戸時代風俗研究と浮世絵
戯作者と浮世絵(一)
諸職風俗図説
安永年間振売の呼び声
東西の淫薬屋店頭の図
日本画に現はれたる南蛮人の服飾(上) 宮本摺衣(宮本勢助)
礫川亭筆後の月見の図
舞子と踊子
室町時代の手傀儡 宮本摺衣(宮本勢助)
天平及藤原時代の雷神古図
田舎源氏未刊本の序
浮世絵類纂(一)漆絵
白酒売の図 鳥居清倍筆
江戸菊細工の変遷
文化十一年版菊番付縮図 鳥居清満筆
焼芋屋の起原
江戸時代染模様の変遷(上)
寬文染模様雛形図
近世落首類聚(一)
浮世絵師に諷刺せられたる一條寿姬の肖像 歌川国芳筆
滑稽両面踊 微笑
広告
蟲売の図 鍬形蕙斎筆

第二號(大正元年11月1日発行)

タイトル 著者
幕末の文芸批評家 春潮
振売風俗図説
 (一)朝鮮弘慶子薬売
 (二)飛団子売
浮世絵師実名録 初心生
私娼史料唄比丘尼(上)
十二挑灯考
鈴木春信筆十二挑灯の図
日本画に現はれたる南蛮人の服飾(中) 宮本摺衣(宮本勢助)
恵比須講
菱川師宣筆夷子講宴飲の図
桃山時代の奇風俗
浮世絵類纂(二)草絵
鳥居清倍筆市村亀蔵扮猪早太図 鳥居清倍
二十軒茶屋
奇人太申と伝九郎染
慶安模様雛形の図
文身考(一) 宮本摺衣(宮本勢助)
興画会 秋廼舎
秋廼舎
近世落首類聚(二)
長文の落首に就て 石川生
広告
会式造花売の図 鍬形蕙斎筆

第三號(大正元年12月1日発行)

タイトル 著者
江戸時代の迷信
 (一)丸〆の招き猫
 (二)正受院の奪衣婆像
 (三)浅草市の大黒盗み
江戸菊細工の変遷(下)
戯作者と浮世絵(二) 小金厚丸画
寛政の二美人 難波屋おきたと高島おひさ
美女腕角力の図 喜多川歌麿画
日本画に現はれたる南蛮人の服飾(下) 宮本摺衣(宮本勢助)
天正四年安土版来朝唐人の図
振売風俗図説
 (三)七色蕃椒売
浮世絵類纂(三)団扇絵
私娼史料唄比丘尼(中)
親和染
貞享模様雛形の図
文身考(二) 宮本摺衣(宮本勢助)
近世落首類聚(三)
浅草市売物の図 鍬形蕙斎画
附録見世物年代記

第四號(大正2年1月1日発行)

タイトル 著者
美女之図 古山師政筆
江戸の初夢之図 英一蝶筆
三人塩屋 三田村鳶魚
浄瑠璃と丑 水谷不倒
江戸時代正月行事と狂句 若月紫蘭
水祝 宮本摺衣(宮本勢助)
婦女年礼之図 鳥居清満筆
丑寅(鬼門) 志田素琴(志田義秀)
江戸新年の生業 江馬務
芝牛町の由来 四世歌川広重
太秦の牛祭 宮本摺衣(宮本勢助)
小児弄春駒之図 西村重長筆
初夢と宝船 石井臥波
萬歳考 春日部雪後
絵島事件考(一) 桜井秀
牛御前初詣之図 四世歌川広重筆
絵画解題
広告
太神楽之図 鍬形蕙斎筆

第五號(大正2年2月1日発行)

タイトル 著者
風の神送り
紙鳶考
自寛文至安永紙鳶之図
美人遠望之図 鈴木春信筆
絵島事件考(二) 桜井秀
私娼史料唄比丘尼(下)
辰巳屋惣兵衛(上)笹の家(武田酔霞)
姦夫の代償
浮世絵類纂(四)箔摺絵
第七世団十郎扮暫之図 岳亭春信筆
江戸女義太夫の盛衰(上)
ケイドウといふ詞
配当座頭
寛永模様雛形之図
懸想文売
木戸芸者
広告
附録見世物年代記

第六號(大正2年3月1日発行)

タイトル 著者
淡島之図 英一蝶筆
あはしま
女義太夫の盛衰(下)
多武峰様の能 宮本摺衣(宮本勢助)
絵に書ける女を見て心を動かす 虚白堂
白木屋お駒 三田村鳶魚
画中の人
遊女之図 磯田湖龍斎筆
垂髪 江馬務
文身考(三) 宮本摺衣(宮本勢助)
辰見屋惣兵衛(下) 笹の家(武田酔霞)
浮世絵類纂(五)紫絵
鞠子宿之図 歌川広重筆
振売風俗図説
 ガランタウ売
けころ
正徳模様雛形之図 西川祐信筆
絵島事件考(三) 桜井秀
引扱髪 紅紐生
本誌次号大刷新披露
広告
蕗の薹売之図 鍬形蕙斎筆

第七號(大正2年4月1日発行)

タイトル 著者
遊女之図 奥村政信筆
晒刑
日本橋旧観 四世歌川広重
浅草寺の古絵馬
写真の美女を見て心を動かす 蒹葮子
三美人之図 細田栄之筆
出雲路の結ぶの神 宮本摺衣(宮本勢助)
通人の石神問答 品川生
塩屋の第四人者 鈴木南陵
神楽巫女
天下一品集
蜀山人賛盆灯籠之図
西鶴の草子に見えし男たち 紅紐生
蒟蒻島の茶屋女
しんぼ興台寺踊
少女遣羽子之図 西川祐信筆
烏帽子折考
四方の赤
たうさぎ物語 四條生
広告
お釈迦お釈迦之図 鍬形蕙斎筆

第八號(大正2年5月1日発行)

タイトル 著者
千垢離と大山参詣
からこと
五月節句之図 勝川春潮筆
深川羽織芸者 勝川春章筆
仲條
朔日丸
やすらい祭の服装 江馬務
恋慕の男絵 可笑子
鈴木主水の伝説 今関天彭
歌舞伎若衆之図 菱川師重筆
佃煮の起源 菅園子
十九文見世
司馬江漢の辞世語
旅籠屋の女
源氏左折の説話 宮本摺衣(宮本勢助)
幕の紋尽し 紅紐生
十三小町 雲突山人
広告
蚊帳売之図 鍬形蕙斎筆

第九號(大正2年6月1日発行)

タイトル 著者
十三番具師考
金毘羅節
贋長寿者 蒹葮子
両国興行活人形之図 歌川国芳筆
風呂屋者
文化十年のかぞへ唄(上) 三田村鳶魚
深川石場遊女之図 歌川国貞筆
浮世絵類纂(六)悪摺絵考
悪摺会談客物語之図 歌川芳幾
まかしよとわいわい天王
雅号の出処
江戸の祇園会 四世歌川広重
駒込富士詣
直垂の系統に関する諸説(上) 宮本摺衣(宮本勢助)
広告
心太売之図 鍬形蕙斎筆

第十號(大正2年7月1日発行)

タイトル 著者
江戸時代の私刑
七夕の井戸浚 四世歌川広重
文化十年のかぞへ唄(下) 三田村鳶魚
山しぼ
江戸の女芸者
芸子行 四方山人作
女芸者之図 細田栄之筆
直垂の系統に関する諸説(上二) 宮本摺衣(宮本勢助)
江戸の七月解説
江戸の四月之図 歌川豊国筆
昔の交番 鈴木南陵
大坂の風呂屋
放髻と中世人の感情 紅紐生
江戸のお夏清十郎
浮世絵類纂(七)丹絵考
丹絵おでてこの図 鳥居清信筆
白人(上)
天平時代画像生欲談 可笑子
遊女観錦絵之図 鈴木春信筆
絵像懸想考 虚白堂
盆唄 文化頃
広告
盂蘭盆会振売の図 北尾重政筆

第十一號(大正2年8月1日発行)

タイトル 著者
納涼船の変遷
船遊山の図 菱川師宣画
両国橋畔納涼の図 勝川春山画
江戸名物志
幾世餅の狂句
女の羽織 宮本摺衣(宮本勢助)
白人(下)
落話の種本
浮世絵類纂(八)薄墨絵考
薄墨絵琵琶葉湯売の図 細田栄之
振売風俗図説
 忠臣義士おこし売
 評判の俵売
 鎌倉節の飴売
鎌倉節飴売の図 歌川国明画
昔の交番(下) 鈴木南陵
大坂の幾世餅
迷信石塔磨き
広告
線香花火売の図 西川祐信筆

第十二號(大正2年9月1日発行)

タイトル 著者
古代版画考
江戸名物志(二)団十郎艾考
吉原の俄狂言
吉原俄狂言の図 歌川広重筆
青楼俄狂言の図 喜多川歌麿筆
活用訪碑学(一) 三田村鳶魚
鏡に就いて 石橋臥波
枇杷葉湯売
神明祭の生姜市
二美人神明参詣の図 勝川春潮筆
浮世絵類纂(八)短冊絵考
婦女の船遊山
短冊絵美人釣蚊帳の図 細田栄昌筆
羽川珍重絵の評判記 水谷不倒
茶釜女 蒹葮子
赤本に就いて
迷信石塔磨き(下)
珍猫叢話
 (一)浮世床の猫の号
文化頃の流行唄
広告
青楼観月の図 喜多川歌麿筆

第十三號(大正2年10月1日発行)

タイトル 著者
岡場所研究
 (一)序説
 (二)岡場所といふ称呼
 (三)岡場所流行の原因と妓品
 (四)岡場所流行の年代と所在地
 (五)深川遊里の起立
江戸名物志(三)五十嵐の冠髪香
延宝年代江戸名物
遊女弄匂袋之図 一楽亭栄水画
細見記考 東華楼
遊女勝山と勝山髷 江馬務
勝山髷遊女之図 奥村政信画
昔のステッキ
日本版画類纂(一)略暦考
享保九年絵暦之図 鳥居清倍
御祓奇談 石巻良夫
天保元年御影参の時流行唄
八瀬大原の風俗(上) 宮本摺衣(宮本勢助)
大駄ボツチと道場法師 紅紐生
描影像之図 歌川芳幾画

第十四號(大正2年11月1日発行)

タイトル 著者
江戸時代の広告法
 (一)看板広告
 (二)張札及ビラ広告
 (三)書籍広告
  三笑亭可楽三題噺ビラの図
 (四)報條広告
美人化粧の図 歌川国芳画
岡場所研究(二)
 (六)深川遊里に関する俚謡
江戸名物志(四)百眼の歯磨
歌川国芳肖像 落合芳幾画
活用訪碑学(二) 三田村鳶魚
大駄ボツチと道場法師(下)
日本版画類纂(二)疱瘡絵
疱瘡絵手遊の図 歌川国虎画
赤本に就いて(下)
写影促真
遊女の図 鳥居清倍
文芸と史実
 (一)おとみ与三郎
浮世絵の幽霊 棣華生
江戸名所図会編纂始末(上)
広告
婦女紡苧の図 菱川師宣画

第十五號(大正2年12月1日発行)

第十六號(大正3年1月1日発行)

第十七號(大正3年2月1日発行)

第十八號(大正3年3月1日発行)

第十九號(大正3年4月1日発行)

タイトル 著者
江戸時代の呪
新町芸娼妓の図 堀田連山筆
京阪より江戸に及ぼせし流行一斑
大阪の一文絵
吉原遊女読消息の図 鳥居清長筆
「カルサン」の今昔 宮本摺衣(宮本勢助)
自寛文至文化カルサン着用の図
女優竹本小伝(下)
岡場所研究(五)
 深川お旅
 本所弁天
岡場所遊女の図 歌川国貞筆
横笛の鴬梅伝説
飛鳥山の土器投
日本版画類纂(六)浮絵考
御蔭参考(一) 石巻良夫
浮絵七里濱の図 柳々居辰斎
細見記考(四) 東華楼
女芸者の図 渓斎英泉筆
広告
飛鳥山土器売の図

第二十號(大正3年5月10日発行)

タイトル 著者
山下今昔物語
美人木偶遣の図 歌川豊広
古俳諧と風俗
丸山遊女道中の図 西村重長筆
下市の釣瓶鮓屋 素琴(志田義秀)
蛇足記
端午見聞録 四世歌川広重
素人狂言楽屋の図 歌川豊国筆
「カルサン」の今昔(二) 宮本摺衣(宮本勢助)
和蘭国人カルサン着用の図
日本版画類纂(七)嵌絵考
日本版画類纂(八)切組燈籠絵考
嵌絵会課題兎の図
切組燈籠絵湯屋の図 葛飾北斎筆
細見記考(五) 東華楼
船宿女房与船頭の図 樹下石上筆
御蔭参考(二) 石巻良夫
広告
五月幟の図 四世歌川広重筆

第二十一號(大正3年6月10日発行)

タイトル 著者
内藤新宿起源 三田村鳶魚
ひたい 紅紐生
跋額の図 勝川春朗筆
芝遊山場今昔談 蘆の葉(四世歌川広重)
吉原太夫赴茶屋の図 細田栄之筆
続山下今昔物語 東華楼生
美人盛装の図 鳥居清峰筆
影絵幕末風俗の図 歌川芳藤筆
慶雲寺と仏店
美人着浴衣の図 歌川国安筆
日本版画類纂(九)影絵考
御蔭参考(三) 石巻良夫
広告
影絵吉原太夫道中の図 歌川芳藤筆

第二十二號(大正3年7月10日発行)

タイトル 著者
韈(鞠装束考其一) 宮本摺衣(宮本勢助)
遊庭秘抄所載韈の縮図
年中行事所載蹴鞠の図 土佐光長筆
夏時小児遊戯の図 勝川春山筆
細見記考 東華楼
新町太夫新造の図 堀田春鳥筆
笠森阿仙(下) 笹の家(武田酔霞)
ひね艾 三田村鳶魚
日本版画類纂(十)さとり絵考 ※判じ絵
さとり絵端唄外題の図 歌川芳幾筆
我衣と其著者(上) 幸田成友
浮絵に就て はらさかえ
芝遊山場今昔談(二) 蘆の葉(四世歌川広重)
広告
江戸堀留名産団扇画賛

第二十三號(大正3年8月10日発行)

タイトル 著者
観物源流考(上) 朝倉無声(朝倉亀三)
佐野川市松肖像 東洲斎写楽筆
芝遊山場今昔談(三) 蘆の葉(四世歌川広重)
細見記考(七) 東華楼
我衣と其著者(下) 幸田成友
岡場所研究(六) 移山子
日本版画類纂(十一)雲母絵考 朝倉無声(朝倉亀三)
日本版画類纂(十二)白絵考 朝倉無声(朝倉亀三)
白絵天神の図 西村重長筆
江戸講釋誌(上) 紙魚堂主人
歌舞伎若衆の図 奥村利信筆
歌舞伎若衆の頭髪 宮本摺衣(宮本勢助)
広告
時津風所載銀杏和尚講釋の図

第二十四號(大正3年9月10日発行)

タイトル 著者
紀文の作つた小唄 三田村鳶魚
新吉原大尽舞唱歌
芝遊山場今昔談(四・完) 蘆の葉(四世歌川広重)
宝暦明和年代芝愛宕山の光景
一家和合の図 鈴木春信筆
観物源流考(下) 朝倉無声(朝倉亀三)
幻戯及弄丸の図
習字手本売の図 奥村政信筆
深井志道軒伝 紙魚堂主人
封筒絵海老と橙の図 歌川広重筆
日本版画類纂(十三)封筒絵考 朝倉無声(朝倉亀三)
細見記考(八) 東華楼
吉原画三の図 喜多川歌麿筆
歌舞伎若衆の頭髪(完) 宮本摺衣(宮本勢助)
広告
延享年間綿帽子屋の図